探偵業届出番号問い合わせ

元彼との復縁方法

元彼との復縁方法

復縁屋に相談する前に、自分なりに努力してみた人は多いと思います。
元彼と復縁するにはどうしたらいいか、その方法を考え、実行してみる。
それ自体は悪いことではありません。やり方とタイミングさえ間違えなければ…。
例えば、LINEを元カレに送ってみて返信を待つ、といったことを考えてみましょう。
ラインではなくメールを使う人でも同じですね。
付き合っているときや友達のときは、息を吸うように当たり前にしてきた行動ですが、別れた後になると、一気にハードルが高くなります。
今この時間に彼に送って大丈夫だろうか、この内容で返事が来るか、既読スルーされたらどうしよう…。
たった1通、送信するだけで色々考えてしまうでしょう。

元彼に連絡することに悩んでしまう

これまで悩んだことがなかった種類の悩みだけに、正解が見えず戸惑う人も多いです。
友達に相談したり、復縁したいと思わせるメール術とか必ず返事が来るラインテクといったサイトを読み漁ったりして、なんとか答えを見つけようとします。
友達からはそれなりにアドバイスを貰え、ネットにはもっともらしいことが書いてあると思います。
しかしそれでも不安なはずです。
なぜならサイトは一般論の範疇を出ないですし、友達がもし、復縁なんてやめて次の人に行った方がいいと思っていたら、アドバイスはおざなりなものになります。
皮肉なことに、元カレにベストマッチした一文を送れるのは、本当は貴女だったはずです。
彼のことを一番よく知っているはずの貴女が、彼の心に刺さるラインを送れないわけです。

元彼へのラインやメール

元彼へのラインやメール

別れた後と前では二人の距離や考え方が違ってきているので、付き合っていた頃に通用した話が今ではまったく的外れになる可能性もあります。
空気が読めない文章を送って、元彼との関係をさらに悪化させる恐れもあります。
悪くなるなら何もしない方がいいと頭ではわかっていても、何かしないと落ち着かない。
そんなジレンマに悩まされる方が多いのです。
復縁に効くおまじないをするとか、復縁神社に行くぐらいならば、元彼に直接働きかけるものではないので安心です。他力本願ですが何か努力しているといった自己満足も得られるでしょう。
復縁占いで一喜一憂し、自分を奮い立たせるのも良いでしょう。
しかし元カレにメールしたりLINEしたりすることは、二人の関係に直接影響します。
・返事が来なかったら続けざまに送ってしまった。
・夜中に書いたせいでつい長く重い内容の文章になってしまった。
・1つの言葉がきっかけとなって言い争いになった。
そんな失敗例もよく聞きます。
復縁の方法を見誤ると、可能性を減らしてしまうので注意が必要なのです。

~ 関連ページ ~
元彼と復縁(新しい彼女がいる場合)

復縁屋の復縁方法とは

復縁屋の復縁方法とは

復縁屋は対象者と仲良くなり、人間関係を構築。そして本音を聞き出し復縁へとつなげる方法を検討していきます。
復縁工作の流れはどのような案件でもだいたい同じですが、枝葉にあたる方法はいくつもあります。それは対象者ごとに存在すると言っても過言ではありません。
別れ方や原因、相手(依頼人様)に対する現在の思いや考え。
対象者一人一人の性格や思考回路が異なるので、相手に合わせて行っていく復縁工作は、いくつかの類型に分けることはできても、実際にはそれこそ無数のやり方で対処していきます。
まさに十人十色で、患者に合わせた治療方法を行う医者であったり、体のこり具合を確認しながらほぐす力に強弱を加えるマッサージ師と同じようなことなのです。

元彼との復縁で工作員が行うこと

前述のラインやメールを送ることもそうです。
工作員は対象者に合わせて送る文体や内容を考えます。
連絡先交換後のあいさつややり取りの初期段階での文面と、それなりに回数を重ねて趣味や好物の話題でひと盛り上がりした後の文面では、違いがあるのが自然です。
やり取りをしていく中で対象者のことをよく観察し、絵文字やくだけた表現をいつ使うか、誘いをかけるタイミングはいつかなどを、経験から判断していきます。
会食する店1つにしても、自分が探した店にするのか相手のお勧めにするのか、二人で出し合った候補から決めるのか、決める主導権はどちらが握るのかなど、思案しながら進めていくのです。

元彼との復縁と結婚の話

元彼との復縁と結婚の話

そして復縁屋が重要視するものの一つが結婚観です。
復縁してその先には結婚を見据えているとか、結婚の話が出ていたのに自分がぐずぐずしていたから彼に愛想を尽かされたとか、復縁には結婚や将来の話がつきものです。
復縁を真剣に考える相手ですから、それだけ思い入れも強く、結婚を考えるのは自然なことと言えるでしょう。
結婚に対する元カレの温度や価値観、将来の不安などを掘り下げていくには、話題にあげる機会を作らないといけません。
対象者の分析をしながら、こういう話をしたらこう来るだろう、だからその機にこの話を混ぜ込んでみて様子をうかがってみる。興味を持ったようならばそのまま話を進め、気がない感じならば搦め手から攻めてみる。
このように、工作には詰め将棋のような一面もあるのです。

ご相談・お見積もりは無料です。まずはお問合せください。

~ 関連ページ ~
元彼と復縁(新しい彼女がいる場合)

電話問い合わせ メール問い合わせ