探偵業届出番号問い合わせ

元彼女との復縁方法

元彼女との復縁方法

元彼女との復縁を考えるまでにはいくつかのパターンがありますが、代表的なのが以下の3つです。
1.別れてから彼女の大切さに気付いた。
2.彼女に振られたけど自分はもう一度やり直したいと思っている。
3.自分から別れを切り出したが復縁したい。
つまり、別れ話をしたのが、双方だったのか、元カノからだったのか、自分からだったのか、です。どのパターンにも使える復縁方法もあれば、多少変えなければいけない復縁方法もあるでしょう。
男性の多くが、3の自分から振ったパターンが復縁の可能性が高いと思いがちです。
別れを言い出した自分がそれを取り消すのだから元に戻るはず…そう思うわけです。

元カノとの復縁の注意点

しかし実際はそう単純ではありません。
元カノにしてみれば、失恋の痛みをもたらしたあなたを恨みに思っていたり、やり直してもまた同じ目にあわされるかもしれないと警戒したりしているのです。
自分勝手で都合よく使われていると思う人もいるでしょう。

エゴイズムが垣間見える限り、元カノはすぐには振り向いてくれません。
たとえまだあなたのことを好きだったとしても、同じことの繰り返しを恐れる気持ちが復縁を躊躇させるのです。

~ 関連ページ ~
元彼女と復縁(新しい彼氏がいる場合)

復縁屋が重視するポイント

復縁屋が重視するポイント

お互いが合意の上で別れを選択した場合は、別れてからの時間経過がカギとなります。
その当時は、完全には納得できず別れを選んだとしても、時間が立てば気持ちの整理もついて新たな道へと進んでいるものです。
別れた後もメールやLINEで連絡を取り合っていたり、友人関係が維持できていたりする場合でも楽観視できません。
たしかに連絡を全く取っていないよりは復縁の可能性を感じるかもしれません。しかし元カノが現状に満足していれば、風化した気持ちを呼び起こすのは並大抵のことではありません。
当事者であるあなたがいきなり復縁を持ち掛けても、一顧だにされないこともあるのです。

元彼女とよりを戻すためには

失恋からの復縁は一番ハードルが高いイメージがあります。
特に別れ際に揉めたりすがったりした場合は、相手も自分もダメージが大きく、しばらくは冷却期間を置かねばならないものです。
その間に新しい彼氏が出来たらどうしようと気ばかりが焦り、ついLINEやメールで連絡したくなると思います。
でもそれでは冷却期間になりません。急がば回れ、焦りは禁物なのです。
マイナスからプラスへとV字回復を狙うためには、この時間に力を蓄え、飛翔の時を待つ必要があります。

元カノのサインを考える

元カノのサインを考える

元彼女が告げた別れの理由を考えてみるのも大事です。
原因について女性はそのものズバリを言わない傾向があります。
言ったことでトラブルになるのが嫌だとか、言ってもどうせ理解してもらえないとか、自分で気付いてほしいという場合もあります。
そういった元カノのサインを見逃したまま復縁を求めても結果はついてきません。
何も分かっていないのに別れ際にいさぎよさが無いと彼女に思われたら、復縁はおぼつかないでしょう。
そのためにも冷却期間を少しは設けるべきなのです。

復縁屋の工作方法

復縁屋の工作方法

風邪をひいて体調が悪いのに、寒い中ランニングに出かけることはしませんよね。医者に行って診察を受け、薬をもらって大人しく家でじっとしているはずです。
ひいてしまった風邪はしょうがいないが、それ以上悪くならないようにするのが普通です。
それと同じで、すがったり復縁したいと言ってしまったことは取り返せませんが、そこで止めることでそれ以上悪化することは避けられます。
復縁屋は医者のように状況を詳しく問診し、検査するように調査を行い、現状を把握し打つ手を考えていきます。
対象者である元カノに接触し、今の気持ちや本音を探り出すことで、復縁への道筋が見えてくるわけです。

元彼女と復縁するための方法

依頼人様の方から元カノに連絡してもいい環境が整ったら、文面をしっかりと吟味してLINEを送ってみる。もしくは彼女の方から依頼人様に連絡するように仕向ける。
1つのきっかけを作り、そこから復縁の階段をのぼっていきます。
相手のあることですから、一足とびに行きたい気持ちを抑え、地道に一歩ずつ上がることが肝心です。
元カノの方から、例えば「彼女できた?」とか「最近どう?」といった話が出てきたら一歩前進です。
気になる映画がある、行ってみたい飲食店がある、といった誘い待ちとも言える言葉が出てきたら、脈ありの気配が濃厚で、復縁までだいぶ近づいてきていると思います。
あとは慎重にミスのないように歩を進めていけば、頂上にたどり着けるでしょう。

~ 関連ページ ~
元彼女と復縁(新しい彼氏がいる場合)

電話問い合わせ メール問い合わせ