探偵業届出番号問い合わせ

復縁屋はどのように復縁工作の方法を考えるのか

復縁屋の方法

復縁屋は様々な方法で工作を行います。
どのような復縁の方法が依頼人様のケースに適しているか、まずはそこを見極めていくのが復縁屋の仕事です。
そのためには依頼人様から状況をヒアリングしていきます。
特に失恋の理由や別れ方、別れた後の行動などが重要ですので、この部分を重点的に聞いていきます。
自分で考えていた理由が実は違うかもしれないということはよくあることです。
当事者として失恋に向き合う限り、自分では冷静なつもりでもやはりそうでないことが多いものです。ちょっとした相手の言動に振り回されたり、思い込みに基づいて判断してしまったりと、普段の自分とは違うことをしてしまうのです。
そこで復縁屋が話を聞くことで状況が整理され、見えにくいものが見えてくる、というわけなのです。

工作方法は多角的な視点から

別れた後にすがってしまったか、どれくらいしつこくしてしまったかも重要なポイントです。
もちろん対象者となる復縁したい相手の情報量であったり、依頼人様が考えるご予算も考慮しなければなりません。
復縁工作の方法は、多角的な視点から復縁屋が経験に基づき検討していくのです。
例えば、別の交際相手が出来たから別れてしまったというケースでは、必然的に別れさせ屋工作を行わなければなりません。新たな交際相手がいないのであれば、その作業は必要なくなります。

復縁屋の復縁工作の方法

復縁屋の復縁工作の方法

基本的な方法としては復縁したい相手を対象とし、情報収集や心理誘導などを行い原因の究明と対処・改善、気持ちの変化をさせていく形です。この辺りは交際期間や別れの大まかな原因で進め方は大きく変わります。
依頼人様の中には原因が不明という方もいらっしゃいます。壊れたものを修復していくためには、壊れた原因を見つけ出し、それを改善しなければなりません。それをしなければ復縁が出来たとしても同じことを繰り返すだけです。
つまり復縁とは、依頼人様自身の改善と別れの原因の究明および対処、対象者の気持ちの変化のすべてが出来てはじめて到達しうるのです。
自己改善は自分でできるが相手の改善はできない。そのためそれをサポートするのが復縁屋というわけです。

復縁工作の始まり

失恋を経験してしまった人は周りが全く見えていなく、自らを客観視できていないことが多いです。当たり前なことができない。普段であればできているのに...。となっている人も多いでしょう。まずは冷静となり、何をすべきかを考えてみてください。工作は業者に依頼する以前からもう始まっているのです。
人に相談をするというのも一つだと思います。
自分一人で考えてしまうと、答えは一つしか出てきません。客観視することができないため、理想の復縁を目指せなくなるでしょう。第三者の意見を聞くことにより、新たな考えが生まれるかもしれません。自分だったらこう考えるではなく、人の意見を取り入れていくのも重要です。

電話問い合わせ メール問い合わせ