探偵業届出番号問い合わせ

復縁屋が教える復縁テクニック

復縁屋のテクニック

別れてから今まで、あなたは何をしてきましたか?
・別れ際に言われた問題点を改善した。
・再度見てもらえるようにエステ通い。
・相手の趣味に合わせ同じことを開始。
・忘れるため別の異性と交際を始めた。
・悩んでいるだけで何もしていない。
・何度も一方的に連絡し復縁を迫った。

改善のため何かをしているのであれば良いのですが、何もしていないのであればもちろん復縁はできません。また間違った復縁テクニックをしていても、復縁は遠のくばかりで、それならば何もしない方がマシだったりします。
復縁屋に依頼される場合は、自分でしておいた方がいいことと、してはいけないことの2つを学ぶ必要があります。

別れを思い出す

復縁を目指す上で一番重要なことは自分をもう一度見つめなおし、相手のことを考えることです。
復縁屋が依頼人様に教えるテクニックの1つが、別れ際の時を思い出すことです。
自分の気持ちだけを前面に出し、相手の気持ちを考えてなかったのではないでしょうか?一方的な感情をぶつけていませんでしたか?
よりを戻したいという気持ちは一方的な感情です。相手のことも考えずにそれを言い続ければそれはただのワガママです。
相手からすでに嫌われているのであれば、ただ復縁を訴えてもその願いは叶わないでしょう。余計に関係をこじらせてしまうだけです。

自分本位からの脱却

問題点を改善しない限り状況は変わりません。冷却期間を設けてもその期間何もしなければ変化もないのです。
つまり、自分本位で考えるのではなく、相手の気持ちを考え、その中で導き出していくしかありません。
本人にとっては復縁できないなら死にたいというぐらい真剣な気持ちかもしれません。ただそれを言われた相手にしてみれば、関わりたくない、できれば距離を置きたいとなってしまうでしょう。

悩んでいても変わりません。復縁をするためには何かに対し行動を起こすことです。

復縁に大事なこと

復縁に大事なこと

ただ、やってはいけないことも中には存在します。
上記の通り一方的に復縁を迫ることは相手のことを何も考慮していない証拠です。
もしも復縁したい相手にすでに交際相手がいたならば、二人の後押しをすることにもなります。
連絡を取りたい気持ちをコントロールすることも、復縁には大事なのです。
復縁屋は相手のことを知り、気持ちを探り、復縁のタイミングを計ります。ここぞというときに連絡が出来るようにしておかねばなりません。
来る日を前にして自ら復縁の芽を摘んでしまうことがないように気をつけなければならないのです。
そのためには何よりもまず相手の気持ちを考える。
まずはそれからです。

復縁屋をうまく使う

相手のことを一番よく知っているあなたにしか出来ない事があります。
逆に知っていると思い込んでいて、あんがい知らない事もあります。
そのため第3者視点を入れて、どうすべきか、何をすべきかは復縁屋と相談しながら判断していけばよいのです。
そういった基本的なテクニックをおろそかにしてはいけないのです。

電話問い合わせ メール問い合わせ