探偵業届出番号問い合わせ

不倫相手と穏便に別れたい

不倫相手と穏便に別れたい

別れ話は揉め始めると自分では収拾がつかなくなることがあります。
特に関係者が増えれば、利害や意地、プライドなどが絡み合い、一筋縄ではいきません。
職場で知り合い恋愛関係に発展した場合やお互いに共通の友人が多い場合がそうです。
中でも、不倫相手と別れたいというケースでは、慎重に話を進める必要があります。
ただ単純に真っすぐ別れ話を切り出せば、思わぬしっぺ返しを食らうことがあります。
不倫はその交際形態と同様に、別れにも大きなリスクを伴うのです。

大人の関係の変化

元々は割り切った不倫を楽しめる大人の関係だったとしても、いつしかそれが変化し、相手に固執するようになる。
一緒に過ごした歳月が長くなればなるほど情も湧きますし、これまでの年月を無駄にしたくないと考えるようになるのです。
不倫には絶えず不安や孤独といった精神的なネガティブさがつきまといます。
相手に会ったり連絡をしたりすることでそれを薄めているわけですが、皮肉なことにそれがあるため、簡単には別れを受け入れられないのです。

別れたいけどあとが怖い

自分が既婚者で相手が独身者のケースでは、相手が本気になり離婚を迫ってきたり、妊娠を匂わせる発言をしたりします。
自分も相手も既婚、つまりW不倫のケースでは、イーブンな関係のように見えますが、双方の配偶者の影響があるため、実は微妙なバランスの上に成り立っています。
自分の家庭が崩壊したら、おのずと不倫相手と一緒になりたいという思いは強まります。
そして、自分は離婚するつもりだからあなたも離婚して欲しい、できないならば…といった具合に連鎖反応が起きるのです。

例えは良くないですが、核保有国同士が向かい合っているような一面があります。別れたいのに、別れを切り出すと家族にばらすと言い出すので別れられない。
このようなご相談は非常に多いのです。

別れたくても別れられないジレンマ

別れたくても別れられないジレンマ

不倫相手に別れたいと切り出したのに、相手が納得せずなかなか前に進めないといった状況は苦しいものです。
相手に対して引け目を感じてしまう部分もあるでしょうし、住所や勤務先を知られていたら強引に話を進めるのも怖い。
捨てられるといった不安や恐怖が化学変化を起こせば、恨みや怒りへと変貌する可能性は十分ありますからね。
もしも不倫相手が自暴自棄になって、全てを関係者に暴露するとか言い出せば、のど元に刃物を突き付けられている気分になるでしょう。

別れるために大事なこと

別れたい気持ちを引っ込めて、相手をなだめ、調子を合わせてあげないといけません。
別れたい…、別れられない。
そういったことを繰り返していたら、この先の人生の展開も見えず、閉塞感で気が滅入ってしまうと思います。
いっそ自分の配偶者に全てを打ち明けて楽になりたい、そう思ってしまうかもしれません。
しかしそれはそれでまた新たな火種となり、大勢を巻き込む火事に発展しかねません。
穏便に別れるためには、不倫相手に笑顔を向けつつ、戦略的に進めていかねばならないのです。

穏便に別れる方法とは

穏便に別れる方法とは

不倫相手の方から別れを切り出してくれるか、別れ話をしてもすんなり受け入れてくれるのが理想の形だと思います。
他には彼女の落ち度を突いて責任を取らせる形で別れる方法が思い浮かぶかもしれません。
別れさせ屋についてはテレビドラマで間違った実態が描かれていたり、ネットで非常識かつ非合法な手段がまことしやかに書かれていたりして、誤解されている方が多いです。

安易な方法はリスクが高い

よくある別れさせ屋の方法で、異性を近づけ肉体関係を持ち、ホテルに入る写真を撮って、それを証拠として相手を責め、別れるといった話です。
このような方法はイメージし易いですが、実は違法行為であり、かつ依頼人様にリスクがあるものです。
写真を見た相手が脅迫や恐喝行為と受け止め、警察に相談する可能性もあります。警察が動けば当然利害関係者である依頼者が調べられます。
別れられないどころか事件になる恐れがあるのです。

不倫相手の心中をはかる

穏便に済ませるためには、やはり相手が自分から別れを言うか、別れ話に素直に頷くように持っていきたいところです。
そのためには不倫相手の心の中をのぞかねばなりません。
不倫相手が何を思い、どうすれば別れを受け入れるのか、何があれば別れたいと思うのかなどを掘り下げていき、そこから具体的な方法を見いだしていくのです。
不倫相手の心の中に依頼人様に対する強い執着がある場合は、それを薄めていく作業も必要です。
別れにたどり着くためには、急がば回れではないですが、工作で不倫相手の本心を探り、そこから別れに向けて誘導していくのが現実的です。
別れを受け入れる下地が作れれば、依頼者様とタイミングを合わせて工作を進め、展開させていくことも出来るのです。

工作員のテクニック

そもそも、二人の関係が行き詰まっていたり、気持ちが離れていることに気付いている人が多く、実は不倫相手自身も現状を打開したいと密かに思っていることもあります。
別れた方が、自分のため、二人のためになることは頭ではわかっている。しかし二人で過ごした時間を考えると気持ちが整理出来ない。
理に訴える部分と情に訴える部分。
これらをどう対象者に向けていくかがポイントになるのです。

電話問い合わせ メール問い合わせ