探偵業届出番号問い合わせ

彼と彼女を別れさせたい

彼と彼女を別れさせたい

略奪愛とか奪い愛といった言葉を聞くと、なんかドロドロしたものを感じる人が多いかもしれませんね。
しかし実際はそれほど特別なことではありません。
言葉の響きに引っ張られているだけで、ありふれた恋愛模様のひとつなのです。
誰かと誰かが付き合い、別れる。
その別れの原因が他の異性にあるというだけのことです。
ただ、世間的には人のものを横取りするようなイメージが先行していて、決して良く思われていません。
誰しも自分の大事なものをとられたくないですからね。
そして盗った・盗られたという話に集約されてしまい、狭間にいる人物の気持ちの変遷はあまり考慮されません。
どうしてもアクションを起こした人を問題視しがちですが、実は心変わりした人物のありようを考えねばならないのです。

復縁のために別れさせたい

例えば、別れさせ屋に彼と彼女を別れさせたいと相談される場合、最終目的は彼との復縁というケースがあります。
別れた後に元彼に新しい彼女が出来ていた。だから別れさせて自分とよりを戻してほしいということもありますが、今カノに元彼を略奪された。取り返したいというパターンもあります。
新しい彼女がいることに気付いたのが別れた後だったというだけで、実は別れる前から彼女は存在していて被っている状態だったということも往々にしてあるのです。
一見、奪い愛合戦のように見えますが、見方をかえれば彼の気持ちが右へ行ったり左へ行ったりした結果であり、本件の肝は彼の心の中にある場合があります。

復縁については詳しくはこちら「元彼と復縁(新しい彼女がいる場合)」をご覧下さい。

別れさせ屋で彼女を別れさせたい

別れさせ屋で彼女を別れさせたい

別れさせ屋は略奪愛の一端を担いますが、そこまでしても手に入れたいと思うのは、真の幸せを願う気持ちであったり、彼のことを本当に大事に思っていたりするからです。
恋愛感情は理屈では解決できないもの。
たとえ相手に彼女がいても、好きになってしまったものは仕方がありません。
彼が運命の相手だと感じたならば、自分だけを見てほしいと思うのは自然なことなのです。
突き詰めれば、彼女と自分のどちらが先に出会ったかというだけかもしれません。
出会う順番は公平ではないので、あとから来た人は自分の気持ちを整理できないかぎり、奪い愛という形でしか向き合えないのです。

彼女の存在に気付いた時

彼との交際に漕ぎつけても、別の彼女の存在があれば、楽しい時間は送れません。
いつも喉に小骨が刺さっている感じがして、彼との未来を描くにしても痛みを伴うことでしょう。
彼が彼女の存在を隠していたが、ある時、気付いてしまった。
そのことを彼に言うのか言わないのかでその先の道は分かれます。
人生にifはつきものですが、彼が隠していたことを考えると、彼女のことに言及してもあまり良い結果は生まれません。
つい責めるような口調になってしまい、彼との関係が悪化することの方が多いでしょう。
別れさせ屋としてアドバイスするならば、ここはぐっとこらえて方策を考えるところなのです。

二股を別れさせ屋で解消する

二股を別れさせ屋で解消する

二股されている場合、自分が1番手なのか2番手なのかを気にする方が多いですが、どちらであっても安心できるわけではありません。
順位は彼の心の天秤次第で変わります。
1番手だと思っていたのが実は自分の方が浮気相手だったということだってあるのです。
もちろん、どちらも同じぐらい好きだから別れられないという場合もあります。
浮気なのか二股なのか、わからないという方もいます。
彼の部屋に女性の物が置いてあったら、それはライバルの自己主張かもしれません。
ただ、大事なのは、彼との関係を維持しつつ、相手と彼をどう切り離すかです。

彼が二股を隠す理由

彼が二股を隠すのは自己保身が大きな理由ですが、相手に嫌な思いをさせない気遣いでもあります。
別に彼女がいることを公言しているような男性の方が厄介だったりするのです。
ただ隠すタイプだと相手の情報があまりないことが多く、下の名前だけとか、職種のみとかだったりします。
うまく隠されていると肝心な情報がないため、まずは彼の行動調査から相手を割り出すといった手順を踏まねばなりません。
そこでポイントになるのが、いつ彼が彼女と会っているかです。
いつも日曜日は何かと用事があるとか友達と遊ぶ約束が多いなど、パターンを見つけ出す必要があります。
基本的に自分と会っていないときに彼女と会っているわけですから、過去を振り返れば、未来が予想できます。
調査日程の絞り込みは、別れさせ屋の費用を抑えるためにも大事なことなのです。

電話問い合わせ メール問い合わせ