探偵業届出番号問い合わせ

彼女と彼氏を別れさせたい

彼女と彼氏を別れさせたい

彼女と現在付き合っている彼氏を別れさせたい、という男性からの別れさせ屋相談がありますが、内容は大きく3つに分けられます。
1つ目が彼女=元彼女というケース。つまりすでに彼女とは別れていて、その彼女に彼氏がいる。彼女と復縁したいから今の彼氏と別れさせたい、というものです。
2つ目が彼女と現在交際中であるが、自分以外に彼氏がいる。向うの彼氏と別れさせてほしい、というものです。要は二股されていたり、彼女が浮気していたりするケースですね。
3つ目が好意を持っている女性に彼氏がいる。付き合いたいので何とかしたいというもの。
彼女から現在の彼氏を遠ざけたあとに、後釜に座ろうという狙いです。

復縁のために別れさせたい

1つ目は復縁が目的ですから、別れさせただけでは目的達成とは言えません。
そして別れたあとに自分の元に戻ってくるか否かは彼女次第です。
いかに傷心の彼女であっても、依頼者様のことを強く否定していたり、誤解しているようならば、どのように声を掛けても簡単にはなびきません。
そのため、戻ってきやすいように別れさせの後に復縁工作を行う方が多いです。
ただし、別れさせ工作+復縁工作となると工作2つ分ですので、費用も単純計算で2倍掛かります。資金計画をしっかりと立てて臨む必要があります。

柔軟に方法を考える

元彼女と連絡が取れていて、別れた後も関係が良好ならば、別れさせ屋の工作のみに留め、自力でトライしてみてもいいと思います。
工作後の様子を見て、復縁は難しそうならば復縁屋の工作を考える流れでいいでしょう。
もし、彼氏の存在が元彼女の申告のみで本当かどうかわからないといった場合は、復縁工作からスタートして元カノの本音や内情を探り、彼氏の有無をはっきりさせてからその後の展開を考えていく方法が現実的です。
彼氏がいない、もしくはいても不安定な関係である。そしてまだ未練があるといった状況ならば、心理誘導のみで目的が達成できるかもしれないのです。

詳しくはこちら「元彼女と復縁(新しい彼氏がいる場合)」をご覧下さい。

別れさせ屋で自分以外の彼氏を別れさせたい

別れさせ屋で自分以外の彼氏を別れさせたい

2つ目は恋のライバルがいるケースです。
そしてどちらかというと依頼人様の方が二番手であることが多いです。
このまま時間が経つといずれ彼女は自分と別れて彼氏に元へ行ってしまうとか、いずれ彼氏と別れるという約束だったのに別れずにずるずると今日まで来ているとか、そういった事情を抱えつつ嫉妬している自分を恥ずかしいと思うため、人には相談できないで一人で苦しんでいる方がほとんどです。
自力で何とかしたいと努力したがどうにもならず、別れさせ屋が最後の砦だと思い詰めている方もいらっしゃいます。

情報が揃っているメリット

どうにも悲観的になりがちですが、工作においてプラスな面もあります。
このパターンでは彼女と交際しているので、彼女の情報は揃っていますし、動向もかなりわかります。
いつ相手と会いそうか想定できるというのは大きいのです。
また、場合によっては彼氏の情報も結構あることもあります。
彼女と彼氏がSNSでつながっていたりすると、そこから辿って相手のことを調べ上げている人もいます。
情報の多さ、正確さは大きなメリットです。
対象者の起点となる場所や容姿が分かっていれば、別れさせ屋が調査に時間を取られることはありません。
その分、予算を別の部分に回せるわけで、効率的に進めて行けると言えるでしょう。

別れさせ屋で今の彼氏を別れさせたい

別れさせ屋で今の彼氏を別れさせたい

3つ目はこれから付き合いたいと考えているケースです。
告白したが彼氏がいるため断られたとか、職場が一緒で好意を持っているが彼氏がいることは周知の事実なので手が出せないとか、人によって状況は様々です。
彼女もまったく気がないわけではなく、何か彼に落ち度があったり、揉め事があれば、自分が入り込む余地がありそうに見えるといった恋愛に積極的な人が多いかもしれません。

まずは彼氏の情報収集

このケースでは彼氏の情報が少ないことが多いです。
告白して初めて彼氏の存在を知ったという人もいますし、噂話で彼氏がいるとだけ聞いている人もいます。
意中の彼女に彼氏がどこの誰と聞くわけにはいきません。
かといって周囲の人に聞きまわれば、なぜそんなことを聞くのかという話になるので、これも良くありません。
地道に彼女の行動調査から彼氏特定へとつなげていくしかないのです。
彼女が休日に彼氏と会っているならば、彼女の自宅が調査の起点になります。
もし自宅住所がわかっていないならば、まず彼女の自宅特定が必要なわけで、例えば会社から退勤時に尾行し、自宅を割り出す調査が必要となってきます。

彼女の意外な一面が見られる

別れさせに至るまでにかなり遠回りを強いられますが、彼女のことをうかがい知れるというメリットもあります。
休みの日に彼氏と会わず、残念ながら彼氏特定に至らなくても、彼女がどのような時間を過ごしたかで人となりが見えてきます。
例えば、彼女が本屋に行って1冊のマンガを手に取ったとしましょう。
自分も読み込んでおくことで今度話すときに共通の話題が1つ生まれます。
会社での彼女とは違った一面を知ることで、今後のアプローチの参考になるのです。

電話問い合わせ メール問い合わせ