探偵業届出番号問い合わせ

離婚させたい・離婚したい

別れさせ屋で離婚

別れさせ屋の案件には2種類の“離婚”があります。
1つは「離婚させたい」、もう1つは「離婚したい」というものです。

離婚させたい

不倫関係にある恋人がいて、離婚して自分と一緒になってほしい。
そう願う方が離婚させたいと思い、別れさせ屋に相談されます。
恋人が思い切って配偶者に離婚を切り出したが、頑強にはねつけられたというケースもあります。逆に、離婚するすると言いながら全然話が進んでいるように見えない恋人にしびれを切らして何とか打開したいとご相談される方もいます。
相手の配偶者に不倫を疑われていたり、ばれてしまったり、直接やり取りしたり…と紆余曲折がある方もけっこう多いです。

離婚したい

一方、離婚したいと願う人もいます。
そんなの自分で何とかできる話じゃないのか?と思われる人が多いかもしれませんが、そう簡単に行かないから相談があるとも言えます。
自分に好きな人が出来たから穏便に離婚したい、できれば相手から別れを切り出してほしい、といったリクエストもありますし、一度は別れ話をしたが拒否されて話が進まないので状況を何とか変えたい、というニーズもあります。

「離婚させたい」と「離婚したい」、どちらのケースにも言えることは、自分ひとりの努力ではどうにもならなかったり、相手の考えや気持ちを変えるのが難しいときに別れさせ屋を利用するということです。
自分では離婚に向けて舵を切ることができないならば、プロである第3者の力でそちらに進もうというわけですね。

別れさせ屋の利用から分かること

この手の工作では対象者の行動調査をしながら、工作へと移行していきますが、場合によっては思わぬ事実が出てくることがあります。
その1つが対象者の浮気です。
自分は浮気をしているが、まさか対象者がしているとは想定外だった…ということがあるのです。
状況が変われば、方法も変わります。
新事実をどう生かすかも別れさせ屋の腕の見せ所です。
そして新鮮な情報はすぐに依頼者様に届けられなければなりません。
大きな方向転換が考えられるときにこそ、迅速に報告し、善後策を協議しなければなりません。

~ 関連ページ ~
夫婦を別れさせたい
離婚したい

早く離婚させる方法

早く離婚させる方法

別れさせ屋で離婚を考える人は、早く離婚させる方法はないかと思ってご相談されます。
ここに至るまで、たっぷり悩んだり苦しんだりしたわけですから、少しでも早く楽になりたいと思うのは当然のことでしょう。
離婚したい、離婚させたい(夫婦を別れさせたい)というどちらの問題でも、相談者様を長い時間苦しめたのは想像に難くありません。
別れさせ屋にたどり着くまでに、配偶者や既婚者の恋人といくども話し合ったり、時には喧嘩をしたこともあったでしょう。なかなか先の見えない状況に絶望したり諦めそうになったこともあったと思います。
そういった中で別れさせ屋に出会ったわけですから、早く何とかしたいと気が急いてしまうのも無理はないのです。

しかし、だからこそ気をつけなければならないことがあります。
焦りを見透かして、すぐに面談をして依頼に持ち込もうとする業者があるのです。
工作の現実や想定される問題点を説明しないで、任せておけばうまくいくといった甘言をささやき、契約させる。
そういった業者にしてみれば、契約させたらもう仕事が終ったも同然です。
あとはのらりくらりとやり取りをして、時が過ぎるのを待つわけです。

焦りは禁物

早く離婚させる方法として別れさせ屋に頼んだのに、結果何もしてくれず時間だけが過ぎ去っていくのでは、まさに本末転倒です。
別れさせ屋に頼むのだから、早く離婚に漕ぎつけたいと焦燥感に駆られると思いますが、ここは急がば回れなのです。

しっかりと業者を見極めて依頼先を考えなくてはいけません。
悪徳業者と言われるところは、ろくに稼働せず、お茶を濁すだけで済ませます。
そのため、この手の業者は、どういった経緯報告をするかの詳細説明もなく、何をしているのかがわからない。
中間報告が一切なかったりします。

報告がすぐにないと不安

恐らく報告が無い業者は、パック料金のシステムを採用しているところだと思います。
パック料金の場合、調査や工作を行うのは業者基準。日程は業者が判断し行うものがほとんどです。そのためすべて事後報告。中には依頼人が連絡をしない限り報告がこないということもあるようです。

工作は都度の結果により方針が決まるものであり、事前に決めたことをただ行うだけでは成果の期待は持てません。刻々と状況が変化する中で行うわけですから当然のことです。また依頼をしている方からすれば、今どの程度進んでいるのかなどの途中経過は気になるものです。

一切報告もなく、全ての契約が終了したと同時に結果のみ報告。その報告内容が希望通りの結果であれば良いわけですが、そうでなかった場合、何が問題だったのかわからなくなります。
事前に知っておけば対策の余地があったのではないか、事実を知ることでこちらからの提案もできたのではないか?恐らく報告が無いとそのような気持ちになってしまうでしょう。

24時間以内の報告をお約束!

他社に依頼をするとこのような不安があるようですが、弊社ではその心配はありません。
弊社は調査や工作を行うたびに、24時間以内にその結果をお伝えいたします。それを見た上で方針を決め、それをもとに先に進めます。調査工作終了後、通常15時間以内に画像付で報告、最短30分で簡易的に結果をお伝えしております。状況次第ではリアルタイムで報告することも可能です。

報告・連絡・相談。
これは探偵業だけではなく、どのような業種でも同じことです。
当たり前のことを当たり前に行う。
弊社ではどの依頼人の方にも同じような形で対応しております。

電話問い合わせ メール問い合わせ