探偵業届出番号問い合わせ

夫の浮気調査

夫の浮気

最近では自分で出来る浮気調査を称して、浮気防止アプリやLINEの活用を勧める記事を見かけます。
しかし、浮気を探るために夫のスマホにアプリを入れたり、LINEをチェックすることは、実はリスクを伴います。
スマホを触ったことが夫にばれると、その裏をかかれてしまうのです。わかっているけどあえてそれを言わず、アプリを利用して浮気を巧妙に隠すわけです。
浮気をする夫の多くが、自分が疑われているかも、と思って行動しています。
そして携帯には証拠となる情報が詰まっていることや、それを見ようと妻が画策していることも想定しているものです。
安易な行動から夫に勘付かれないように注意が必要なのです。

夫が浮気をする場合、以下のような相手であるケースが多いです。

・同じ会社に勤務する社員
・キャバクラなどの水商売に従事している方
・元彼女、または学生のころの友人
・出会い系サイト、SNS等で知り合った相手

とくに同じ会社に勤める女性と浮気をするケースが非常に多いです。
この場合、浮気相手である女性は婚姻していることを知りながら交際していることになります。つまり不倫をしているという自覚があるわけです。

ご主人が女性に対し「夫婦関係が上手くいっていない」などと言っているケースもありますが、上手くいっていないとしても婚姻しているのは事実です。この場合、相手に対して慰謝料を請求することもできます。

夫の浮気のパターンとその傾向

多いケースは仕事と嘘をついて浮気相手と会っている形です。休日出勤といいながら、実は浮気相手と外出していたケース、残業で帰りが遅くなると嘘をつくケースなどです。
いままでそのような行動が無かったのに最近になり、仕事が忙しくなっているのであれば疑うべきでしょう。傾向を知るために動きを常にチェックすることをお勧めします。

ただ相手に悟られるような調べ方はお勧めしません。
証拠集めをしていることに気付かれると、相手の動きが鈍くなってしまいます。警戒心も高くなり、調査をしても欲しいものを得ることが出来なくなってしまうでしょう。相手を“泳がす”ことも時には必要な場合もあるのです。

相手の浮気パターンを知ることは費用の負担を少なくするポイントにもなります。

調査は浮気をしていてもしていなくても、稼働した分費用がかかります。つまりしている日が明確にわかれば、その日だけ行うだけで済むということです。

電話問い合わせ メール問い合わせ