探偵業届出番号問い合わせ

妻の浮気相手

妻の浮気調査

自分の妻に限って…と思う男性は多いものです。
しかし女性の社会進出が当たり前の現在では、妻の浮気は特に珍しいことではありません。
女性は結婚したら家庭に入るというのは昔の話で、最近では夫婦ともに仕事をしていることが多いのです。
社会に出ているということは、異性との接点も多くなります。
小さな子供がいる場合は浮気の可能性は少なくなりますが、妻の実家が近い時は要注意だったりします。

浮気相手として多いのが昔の恋人や学生時代の男友達です。
同窓会で再会し、関係を持ってしまうケースや最近ではSNSなどを通じて再会するものも増えております。
異性との接点があれば男女関係なく、浮気に発展することもあるのです。

妻の浮気相手は働いている男性がほとんどですから、証拠を押さえるための調査も夫のケースとさほど変わりありません。 仕事終わりの時間帯や土日などの休みが怪しい日時となります。
時には浮気相手も既婚者のこともあります。
そうなれば証拠撮影をした上での慰謝料請求や浮気の暴露といった制裁行為が、相手男性に大きなダメージを与えることもあります。

妻の浮気の傾向

専業主婦と働きに出ている方では多少動きが異なります。

日中、妻が何をしているか分からない方は案外多いのではないでしょうか。
まずは動きを把握することから始めるべきでしょう。

浮気相手の代表となるのが、昔の知人や友人、または元彼です。
昔と比べて外出する機会が増えているのであれば要注意。さりげなく奥さんの動向をチェックした方が良さそうです。

妻の浮気で気を付けないといけないのが、浮気が遊びではなく本気になるケースが多いことです。
時間がたてばたつほど、この傾向は強まります。
大人の遊びから本気の恋愛となる前に手を打ちたいところです。
もし間に合わなければ、浮気の証拠を握りしめ、それを妻に伝えたとしても、状況は何も変わらないどころか悪化する場合もございます。
妻がそれをキッカケに相手の元に走ることもあるのです。
攻め処を一つ間違うと取り返しのつかない事態に発展することもありますので、十分な注意が必要なのです。

別れさせ屋といった手法に切り替えることで、事態の収拾を穏便に図る方もいらっしゃいます。
探偵BARアンサーでは、担当者が両方のスキルを持っているので、浮気調査から別れさせ工作へのシフトがスムーズに行えます。

電話問い合わせ メール問い合わせ